【野球】再現性100%!?簡単に打率を上げる方法

  • こんなに練習してるのになかなかヒットが打てない
  • もっと試合で活躍したい
  • 簡単に打率を上げる方法があればいいのに

今回は、上記の悩みに対する解決方法について解説します。

誰でも必ず効果を出すことができる非常に簡単な方法でして、しっかりとした根拠もありますので、再現性は100%だと思います。

プレーヤーの皆さんはもちろん、コーチ・監督や野球少年の親御さんまでぜひご参考ください。

筆者
筆者

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

打率を簡単に上げる方法

結論は「初球から打つ」ということです。

筆者
筆者

簡単すぎますね。
これなら誰でもできる。

たったこれだけ?と思われるかもしれませんが、しっかりとしたデータによる根拠があります。
以下に解説していきます。

根拠と考察

なぜ「初球から打つ」だけで打率が上がるのか。
その根拠と考察について解説します。

根拠となるデータ

まずは、その根拠となるデータを紹介します。

【カウント】  【打率】

 0-0      .332
 0-1      .313
 0-2      .145

 1-0      .354
 1-1      .328
 1-2      .168

 2-0      .364
 2-1      .339
 2-2      .187

 3-0      .482
 3-1      .356
 3-2      .216

これは、2019年度の日本プロ野球の【カウント別】打率一覧表です。

ご覧いただくとおわかりいただけるように、ストライクカウントをピッチャーに与えないほど、打率が高くなることがデータからわかります。

筆者
筆者

とても顕著な結果ですね。

ファーストストライクから勝負を仕掛けていくことが、ヒットを打つためには非常に重要なことだと言えるでしょう。

考察

カウントが違うだけで、なぜこんなに打率に差が出るのか。

その理由は、カウント毎によるバッターの心理状態の変化にあると考えられます。

やはりカウントを追い込まれると、どのバッターも三振を避けようとする心理が出てきたり、ピッチャーの決め球に対しての意識が出てきたりして、自分のバッティングに集中できにくくなってしまいます。

野球は90%がメンタルだ。

かつての名捕手ヨギ・ベラもこう言っているように、「プレー中の心理状態は、パフォーマンスにかなり影響する」と考えられます。

メンタル的な準備を整えやすい「ファーストストライク」に最大限の勝負を仕掛けていくことが、打率を上げるためにとても重要なのです。

初球を打つ前の大切なこと

打率を上げるためには「初球から打つこと」が大切だということを説明してきました。

さらに少し掘り下げて、ここでは「初球を打つ前の大切なこと」について少し解説していきたいと思います。

筆者
筆者

重要なポイントは以下の1点です。

ピッチャーとのタイミングを合わせる

ベンチにいる時やネクストバッターズサークルにいる時に必ず行ってほしいのが、「ピッチャーとのタイミングを合わせる」ことです。

相手ピッチャーとのタイミングが全く分からない状態では、初球から振っていくとスイングを崩してしまいますので逆に不利になってしまいます。

初球から打ちに行く最大限の準備として、ベンチにいる時やネクストバッターズサークルにいる時の時間は、相手ピッチャーのフォームを観察し、「ピッチャーとのタイミングを合わせる」時間として使っていきましょう。

筆者
筆者

プラスして、相手は初球はどんなコースでどんな球種が多いのかまで観察すると、なお良いですよ。

まとめ

結論、打率を簡単に上げる方法とは、「初球から打つ」ことでした。

また、初球を確実にヒットにしていく準備として、打席に入る前に「ピッチャーとのタイミングを合わせること」が大切だとお伝えしました。

今回の記事をぜひ参考に、次の試合から初球打ちとその準備を実践していただけると幸いです。

スポンサーリンク
野球
スポンサーリンク
HOMERUN GYM
タイトルとURLをコピーしました