【草野球】初心者向け完全ガイド!チーム選びから初日の注意点まで

こんにちは。
いつもお読みいただきありがとうございます。

今回は【草野球の始め方ガイド】を作成しました

本記事では、筆者の経験をもとに必要な情報をゼロからわかりやすく解説していきます。

\こんな悩みを持つ方におすすめ!/
  • どうやってチームを探せばいいの?
  • なにか特別な手続きってあるの?
  • 始める前に何を揃えればいいの?
  • お金はどれくらいかかるの?
  • チームに溶け込めるか不安だなぁ…

不安点や疑問点をしっかり解消して、心から草野球に取り組めるように一緒に準備をしていきましょう。

スポンサーリンク

草野球を始める前に考えておくべきメリット・デメリットとは?

筆者
筆者

まずは、草野球を始めるメリットとデメリットについて簡単に説明させてください。

草野球を始める3つのメリット

これまで長く草野球をしてきた筆者からして、草野球を始めるメリットは大きく3つあると思っています。

【草野球を始めるメリット】
  1. ストレス発散になる
  2. 簡単に人脈が広がる
  3. 運動不足が解消される

どれも魅力的ではないでしょうか?

毎週、草野球に時間を投資するだけでカラダと心に良い影響があり、かつ人脈も広がる草野球って、めちゃくちゃ良い時間だなと思います。

草野球を始める3つのデメリット

反対に、草野球を始めるデメリットについても大きく3つあると思っています。

【草野球を始めるデメリット】
  1. 週末の時間がなくなる
  2. 費用がかかる
  3. 怪我をするリスクがある

まとめると「費用対効果」「時間対効果」ってことになるかなって思います。

筆者
筆者

ここについては自分とよく相談ですね。

ただ、先ほどお伝えした通り、筆者的には草野球を始めるメリットの方が断然大きいと思いますので、いくら仕事が忙しかろうがお金がかかろうが草野球に投資する方がいいと思います。

スポンサーリンク

ネットを使おう!草野球の始め方を解説

さて、ここからは草野球の始め方について具体的な方法を解説していきます。

筆者
筆者

草野球を始めるには、大きく以下の4点を押さえておく必要があります。

①草野球チームの探し方は?

草野球チームの探し方は、主に以下の3つの方法があります。

  • 地元のOBの草野球チームに入る
  • 会社の草野球チームに入る
  • ネットを通じて草野球チームに入る(おすすめ)

地元のOBで草野球チームを結成したり、会社の草野球チームに入ったりすることがこれまでは多かったですが、実はここ最近ではネットを通じて草野球チームに入ることが一般的となっています。

筆者
筆者

筆者の地区でもネットでメンバーを募集しているチームがほとんどです。

もちろん我がチームも。

草野球のメンバーを募集するサイトが登場してから、草野球を始めることが非常に簡単になりました。

以下が代表的なサイトになります。

②チーム選びのポイントとは?

野球は9人揃わないと試合ができませんので、募集をしているチームはだいたいどこのチームも人が欲しいがゆえに、めちゃくちゃ歓迎ムードで迎え入れてくれます。

ですので、チームの雰囲気とかどんな人がいるかについては全く考えなくて全然OKです。

筆者
筆者

草野球人口も年々減少しているので、どのチームも人が足りていないのが実態なんですよね。。

ここまで前置きした上で、自分に合うチームを選ぶ際に必ず確認しておきたいポイントはこちらです。

  • 勝ちにこだわるチームか?楽しさ重視のチームか?
  • 活動頻度はどれくらいか?
  • 平均年齢はどれくらいか?
  • 活動費はいくらかかるか?
  • 募集しているポジションが限られているか?

上記の各ポイントが自分の理想と一致するチームを選ぶのがおすすめです。

ネットからチームを探す場合、ほとんどのチームが上記について記載されていると思いますが、記載がない場合は代表の方へ問い合わせをしてみましょう。

③必要な手続きは?

草野球チームに入るのに、そんなに複雑な手続きはありません。

一度ここで、実際に草野球チームに所属するまでの具体的な流れを見てみましょう。

【草野球チームに入るまでの流れ】
  • STEP①
    参加の希望を代表者に伝える
  • STEP②
    体験という形で参加する
  • STEP③
    入部か否かを判断し、代表者に伝える
  • STEP④
    部費の支払い(入部の場合)

上記のように、ほとんどのチームが「体験」をしてもらってから入部するか否かを決めてもらうパターンをとっています。

そして、入部を希望することになった場合は「部費を支払う」ことで必要な手続きは完了です。

【主な部費の内訳】
  • スポーツ保険料
  • グラウンド使用料
  • ボールや練習用具料
筆者
筆者

これらをチームのメンバーで割って一人あたり年間いくらと決まる場合がほとんどです。

チームによりますが、相場はだいたい年間2〜3万ですね。
支払い時期は必ずチームの代表者に確認しましょう!

④草野球に必要な道具を準備しよう!

良いチームが見つかり、実際に体験日が決まったらその日までに草野球に必要な用具を一通り準備しましょう。

草野球で最低限、必要な用具は以下の通りです。

【草野球に必要なもの】
  • ユニフォーム一式(※帽子とチームユニフォームは借りられることがほとんど)
  • グローブ
  • スパイク
  • バット(※チームで借りられることがほとんど)
  • バッティンググローブ
  • アップ用の運動靴
  • 野球バッグ
  • 試合後の着替え
筆者
筆者

好みによりますが、上記揃えるのにだいたい4〜5万ほどの費用となるかと思います。

スポンサーリンク

草野球初心者が体験日に絶対に心がけたい【5つのこと】

これまで多くのチームの体験を経験し、今では自チームで多くの体験者と触れ合う筆者からして、「草野球の初心者が体験日に絶対に心がけたい5つのこと」をご説明します。

【体験日に心がけたい大切なこと】
  • ずっと笑顔で、元気よく!
  • 名前を聞きまくり、自分を名乗りまくる!
  • チームの中心人物に積極的に絡む!
  • 遅刻しない!(できればグラウンドに一番最初に到着する)
  • 道具は勝手に使わない!

まとめると、大切なのは間違いなく「コミュニケーション」です。

先ほども書きましたが、募集をかけているほとんどのチームは「喉から手が出るほど人がほしい」ので、とても雰囲気よく迎え入れてくれますので安心してください。

筆者
筆者

意外と大切なのが、「グラウンドに一番最初に到着すること」だったりします。
チーム側からすると、たったそれだけで印象がめちゃくちゃ良くなりますね。

初日を終えてから考えるべきこと

初日を終えたら考えておきたいことは下記の通りです。

初日を終えたら考えておきたいこと

自分が理想とする草野球ができそうか?

具体的には、先ほども紹介した下記の項目について、実際に体験してから振り返りをしてみることをおすすめします。

【チェックポイント】
  • 勝ちにこだわるチームか?楽しさ重視のチームか?
  • 活動頻度はどれくらいか?
  • 平均年齢はどれくらいか?
  • 活動費はいくらかかるか?
  • 募集しているポジションが限られているか?
筆者
筆者

チームの雰囲気だけで入部を決めると、もし理想と相違があった時に後から抜けにくくなってしまします。

入部する前に冷静に自分が理想とする草野球生活を送れそうか考えてみてください。

スポンサーリンク

おわりに

今回は草野球が初心者の方に向けて、草野球の始め方について紹介しました。

カラダも心も爽快にさせてくれる草野球は、今ではめちゃくちゃ簡単に始めることができます。

これから草野球デビューされる方は、ぜひ笑顔で、大きな声で、積極的にコミュニケーションを図ってみてくださいね。

筆者
筆者

野球選手向けのトレーニング記事もあるので、活躍したいという方はよかったら覗いてみてください。

さいごに、Twitterもやってるのでぜひフォローをお願いします!
@HomerunGym

ここまでお読みいただきありがとうございました。
それでは、また。

スポンサーリンク
野球
スポンサーリンク
HOMERUN GYM
タイトルとURLをコピーしました