ローストビーフは痩せる?元トレーナーがダイエット効果を解説!

悩む人
悩む人

ローストビーフは痩せる?

ローストビーフのダイエット効果が知りたい。

このような悩みに答えます。

✔︎本記事の信頼性

この記事を書く僕は、パーソナルトレーナーを約5年間務めた経歴があり、これまで数百名のクライアントのダイエットを担当した実績があります。

イギリスの伝統的な料理で華やかさもある『ローストビーフ』。

さっそく結論ですが、実はローストビーフはダイエットにかなり効果的な料理です。

実際に僕がトレーナー時代にダイエット指導をしていた時、ローストビーフを食べながら大幅な減量をされたクライアントの方もいました。

今回はローストビーフのダイエット効果について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ローストビーフとは?

『ローストビーフ』はイギリスの伝統料理の一つで、牛肉の塊を蒸し焼きにして薄くスライスして作る料理です。

牛の赤身肉から作られるので、身体作りをしているボディビルダやフィジーカーはもちろん、ダイエッターにも人気の料理です。

ローストビーフの100gあたりの栄養成分は下記の通り。

エネルギー196kcal
糖質0.9g
脂質11.7g
タンパク質21.7g
食物繊維0g
ビタミンB121.6μg
亜鉛4.1mg

ローストビーフは『ビタミンB12』と『亜鉛』が豊富なのが特徴です。

ここからはそんなローストビーフが痩せる効果を持つ理由について、解説していきます。

ローストビーフを食べると痩せるワケ

ローストビーフを食べると痩せる理由は主に下記の3点です。

ローストビーフを食べると痩せる理由
  • 低カロリーで脂肪が付きにくい
  • タンパク質が豊富で代謝アップ
  • カルニチンによって脂肪燃焼が促進

1つずつ解説していきます。

①:低カロリーで脂肪が付きにくい

ローストビーフを食べると痩せる一つ目の理由が『低カロリーで脂肪が付きにくいから』です。

ローストビーフは主に牛もも肉などの赤身肉を使っているため、他の牛バラ肉などに比べてカロリーは低めです。

ダイエットをして痩せるには、『摂取カロリー<消費カロリー』の状態を作ることが絶対に必要ですよね。

ローストビーフは100gあたり約200kcalとカロリーが控えめなので、体脂肪が付きにくくなります。

筆者
筆者

ダイエットでは、低カロリーな料理を食べることが基本ですので、ローストビーフはとても優秀な料理ですね!

②:タンパク質が豊富で代謝アップ

ローストビーフを食べると痩せる二つ目の理由が『タンパク質が豊富で代謝がアップするから』です。

タンパク質は筋肉の材料になることに加えて、DIT(食事誘発性熱産生)が高いため代謝がかなり上がります。

※DIT(食事誘発性熱産生)とは、食事をした後、安静にしていても代謝量が増大すること。タンパク質は摂取したエネルギーの30%が、食事後すぐにカロリーとして使われる。

ローストビーフ1食分である100gに含まれるタンパク質量は約20gですが、これをカロリー換算すると80kcalとなります。

つまり、人間の機能であるDITによりローストビーフ100gを食べると、24kcalがすぐにエネルギーとして使われるため、代謝が上がり痩せやすくなります。

筆者
筆者

高タンパク質であるローストビーフは、食事による消費カロリーも多く稼げるため、ダイエットに効果的ですね!

③:カルニチンによって脂肪燃焼が促進

ローストビーフを食べると痩せる三つ目の理由が『カルニチンによって脂肪燃焼が促進するから』です。

カルニチンとは体脂肪の燃焼に欠かせない成分であり、ローストビーフ100g中にはカルニチンが約70mgと割と多く含まれています。

カルニチンは体脂肪の燃焼においてなくてはならない成分なので、しっかりと食事から摂取することが絶対に必要です。

カルニチンについて、詳しくはカルニチンは本当にダイエット効果がある?プロがリアルに解説!の記事で解説していますので参考にしてください。

筆者
筆者

栄養学からいうと、赤身肉といえばカルニチンです。

歳を重ねるごとに、体内のカルニチンの量は減少して代謝が下がるので、ダイエッターの中でも30歳以上の方は特にローストビーフがおすすめですよ!

より痩せやすくなるローストビーフを食べるコツ

続いて、より痩せやすくなるローストビーフを食べるコツを2つ解説します。

  • ビタミンB6が豊富な食材と食べる
  • 主食を控える

順番に解説していきます。

①:ビタミンB6が豊富な食材と食べる

ローストビーフは『ビタミンB6が豊富な食材と食べる』ことで、より痩せる効果を得ることができます。

なぜなら、ビタミンB6はタンパク質の代謝に必ず関わる栄養素だからです。

ビタミンB6が不足していると、タンパク質がうまく代謝されずに体脂肪として蓄積されてしまいます。

ですので、高タンパク質であるローストビーフを食べる時は、ビタミンB6が豊富な食材と一緒に食べることがポイントです。

ビタミンB6が豊富な食材は、下記の食材がありますので、ぜひ食べ合わせてみてください。

  • モロヘイヤ
  • ブロッコリー
  • ゴマ
  • にんにく

②:米やパンなどの主食を控える

米やパンなどの主食を控える』ことで、ローストビーフのダイエット効果をかなり高めることができます。

なぜなら米やパンなどの主食を控えることで、体脂肪の原因となる糖質を抑えることができるからです。

実際に僕がトレーナーをしていた時、クライアントの多くの方に糖質を抑えた状態で、高タンパク質な食事をしてもらってましたが、1ヶ月で−5kgとかはよくありました。

ローストビーフはいわゆる糖質制限ダイエットとの相性はかなり良いので、ぜひ『主食をローストビーフに置き換える』ようにしてみてください。

痩せるローストビーフの作り方

引用動画:【筋トレ】減量期に便利!~ローストビーフの作り方!

痩せるローストビーフの作り方ですが、大人気筋トレYouTubeであるカネキンさんの動画が参考になりますよ。

実際に僕はカネキンさんの作り方を参考にローストビーフを作っています。

あまり綺麗な写真ではないですが、僕が作ってみるとこんな感じ。

僕はいつもスーパーで安売りしている牛もも肉でローストビーフを作っていますが、めちゃくちゃ美味しいので減量も捗ります。

ローストビーフは作り置きしておくこともできるので、料理の手間を減らせるのもかなり魅力的です。

筆者
筆者

誰でも簡単に作れるので、ぜひカネキンさんの動画を参考にローストビーフを作ってみてください!

ローストビーフは痩せる?元トレーナーがダイエット効果を解説!:まとめ

以上、ローストビーフに痩せる効果がある理由について解説してきました。

ローストビーフを食べると痩せる理由
  • 低カロリーで脂肪が付きにくい
  • タンパク質が豊富で代謝アップ
  • カルニチンによって脂肪燃焼が促進

低カロリー・高タンパク質で、なにより『カルニチン』が豊富な点が、ローストビーフの最大の特徴です。

特に糖質制限ダイエットとの相性はかなり良く、実際に僕が担当したクライアントの方もローストビーフを食べて痩せた方も多くいました。

男女年齢問わず、ローストビーフは痩せたい人にとってかなり役に立つ料理ですので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました