MCTオイルのダイエット効果が凄い!トレーナー経験者が語ります

こんにちは。
いつもお読みいただきありがとうございます。

今回はいま話題のMCTオイルのダイエット効果について解説していきます。

悩む人
悩む人

MCTオイルのダイエット効果が凄いと聞くけど本当?

具体的にどんな使い方をすれば痩せるの?

おすすめのMCTオイルも教えて!

こんな疑問に答えます。

【本記事の内容】
  • MCTオイルがなぜダイエットに良いのかがわかる
  • MCTオイルを使って痩せる具体的な方法がわかる
  • 厳選したおすすめのMCTオイルを3つ紹介
この記事を書いた人
Twitter:(@HomerunGym

この記事を書いた筆者はプロのトレーナーとして約5年間働いていました。

糖質制限ダイエットをメインに、数百名のお客様を担当させていただいた実績があります。

ここ最近、MCTオイルが痩せると言われ始めてからかなり流行ってますよね。

ゆりやんレトリィバァさんが大幅なダイエットに成功しましたが、彼女もMCTオイルを使っていたとのこと。

MCTオイルのダイエット効果について気になる方も多いのではないかと思います。

そこで今回はMCTオイルのダイエット効果について解説していきます。

筆者がトレーナーをしていた時の経験談や、具体的な摂取方法についてわかりやすく書いていきますので、きっと参考になるはずです。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

【超優秀】MCTオイルのダイエット効果を解説

MCTオイルが持つダイエット効果を見る前に、まずはMCTオイルとは何なのかについて簡単に見てみましょう。

MCTオイルとは何なのか?

MCT(Medium Chain Triglycerides)オイルとはココナッツやパームフルーツなどのヤシ科植物の種に含まれる中鎖脂肪酸からできたオイルのことです。

このMCTオイルはダイエット以外にも、数十年前から医療現場で未熟児や術後の患者さんのエネルギー源として用いられたり、認知症の予防などとして使われています。

また、同じく中鎖脂肪酸が含まれるオイルであるココナッツオイルには中鎖脂肪酸は60%程度しか含まれていませんが、MCTオイルにはその中鎖脂肪酸が100%含まれているのが最大の特徴です。

なぜダイエットに効果があるのか?

MCTオイルがなぜダイエットに効果的なのかというと、含まれている中鎖脂肪酸が体脂肪として体に蓄積しにくいからです。

「中鎖脂肪酸」は小腸で吸収された後にすぐに肝臓へ運ばれて素早く分解され、エネルギー源として使われます。

一方で、一般的なオイルに含まれる「長鎖脂肪酸」は小腸で吸収された後にリンパ管や静脈を通じて全身に運ばれてから筋肉や肝臓に辿り着き、必要に応じて分解・貯蔵されます。

このように中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸では同じ油といえど体内での代謝経路は大きく異なります。

中鎖脂肪酸は一般的なオイルに比べて4〜5倍も早く分解されて即座にエネルギー源として使われるため、体脂肪として蓄積しにくいと言われています。

糖質制限ダイエットとの相性が抜群に良い

そして中でもMCTオイルとの相性が抜群に良いとされるのが糖質制限ダイエットです。

糖質制限ダイエットとは糖質を制限することによって、エネルギー源として脂質を使わなくてはならない状態(ケトーシス)に体を追い込むダイエット方法です。

人間はケトーシスの状態になると体に蓄積された体脂肪を分解してエネルギー源を作り出すので、どんどん痩せることができるというのが糖質制限ダイエットの仕組みになります。

なので糖質制限ダイエットは「いかにそのケトーシスの状態にもっていくか」というのが大切なポイントとなるのですが、そこで活躍するのがMCTオイルです。

糖質をしっかりとカットしながらMCTオイルを摂取すると、ケトーシスの状態になるのを早めることができます。

これが糖質制限ダイエットとMCTオイルの相性が抜群にいいとされる理由です。

筆者
筆者

ゆりやんレトリィバァさんもこの方法で大幅な減量を達成されていますよね。

【PR】ココナラで「あなただけ」の糖質制限の食事プランを最安値でご提案!今なら特典もご用意!

ダイエット以外にも隠れた効果がある

MCTオイルには上記で解説してきたダイエット効果以外にも便秘解消効果があるとされています。

なぜかというとMCTオイルは腸内を弱酸性に保つ働きがあるとされているため、悪玉菌の働きを抑制してくれるからです。

この記事を書いている筆者は多くの方の糖質制限ダイエットに関わらせていただきましたが、MCTオイルによるこの便秘解消効果は本当に凄かったです。

具体例を出すと、何十年も便秘に悩まされていたという方がMCTオイルを摂取してから1週間ほどで毎日2回もお通じが出るようになったことがありました。

便秘はダイエットにおいて体重が停滞する原因となるので良くないですし、女性だと肌にも良くないのでこの効果はとても嬉しいですよね。

MCTオイルはあらゆる面でダイエットに役立つスーパーオイルと言っても過言ではないと思います。

MCTオイルの具体的な使い方【ポイントは摂取量】

それではここからはMCTオイルの具体的な使い方について解説していきます。

まずおすすめの摂取方法としては下記の通りです。

・ブラックコーヒーに入れる

・スープに入れる

・サラダにかけて食べる

私はブラックコーヒーに入れて摂ってますが、他の方はスープに入れたりサラダにかけて食べる方が多かったです。

MCTオイルは【加熱に弱い】ので炒め物などで使うのは必ず避けるようにしましょう。

また、MCTオイルはダイエットに良いとはいえ油であることには変わらないので【摂り過ぎにも注意】が必要です。

そしてMCTオイルの具体的な摂取量については下記の通りです。糖質制限ダイエットでは特に下記の容量で摂取することをおすすめします。

・1日の摂取量:30g

・毎食の摂取量:10g

※人によってはお腹が緩くなる場合があります。その時は6gの量を1日に5回に分けて摂取してみてください。

実際にこの摂取量で体重が落ちていった方が多かったので、皆さんもぜひお試しください。

【ダイエットのプロが厳選】おすすめのMCTオイル【3選】

おすすめのMCTオイルを3つ選ばせていただきました。

どれも体重減少には効果でしたので、お好きなものをお選びください。

仙台勝山館

ダイエット目的でMCTオイルを使うならこれ、仙台勝山館のMCTオイルです。日本の糖質制限ダイエットの師匠である山本義徳先生もめちゃくちゃおすすめしてましたね。

レインフォレストハーブジャパン

レインフォレストハーブジャパンは他のMCTオイルと比べると香りが良いです。コーヒーに入れて飲もうと考えている方にはおすすめかもです。

プレミアムマーケティング

最後はプレミアムマーケティングのオイルで、上記2種に比べると値段は控えめです。まずMCTオイルを試してみようと考える人はここから始めてもいいかもです。

さいごに【痩せたいなら糖質制限とMCTを組み合わせるべし】

本気で痩せたいという方はMCTオイルを摂取するだけでなく、同時に糖質制限も行うことを強くおすすめします。

なぜならこれまで解説した通り、MCTオイルと糖質制限の相性が抜群に良いからですね。

MCTオイルを摂取しながら糖質制限ダイエットを行うと、より体脂肪を分解してエネルギー源を作り出すケトン回路という仕組みが体内でくるくると回り始めます。

ゆりやんレトリィバァもこの方法で大幅なダイエットを成功させてましたし、早く体重を落としたいという方はぜひ試して欲しいですね。

とはいえ、糖質制限ダイエットのやり方がわからないという方が多いと思いますのでそこを解説した記事を貼っておきます。

よかったら参考にしてください。

筆者
筆者

何かお困りのことがあればTwitterお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

必ずお返事いたします。

というわけで本記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

本記事以外にもダイエットを成功させるための記事をいくつか書いていますので、お時間があればこちらからぜひチェックしてみてください。

またTwitterでも情報を発信しておりますのでよかったら覗きに来てください。
@HomerunGym

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました