【意外と知らない】野球に必要な下半身の筋トレ【打者向けに解説】

ヒリキ
ヒリキ

打球の飛距離を伸ばすために効果のある下半身の筋トレ方法が知りたい。

このような疑問に答えます。

✔︎この記事の信頼性
この記事を書いた僕はパーソナルトレーナーを約5年間勤めていた経歴があり、学生時代に野球で世界大会に出場したことがあります。

野球で重要視される筋肉といえば下半身。

しかし下半身のどの筋肉をどのように鍛えれば効果的なのかわからない野球選手も多いのではないでしょうか?

そこで今回は打者向けに効果的な下半身の筋トレ方法について解説します。

飛距離アップに効果的な下半身の筋肉具体的な筋トレ方法について知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

ケンディ
ケンディ

今回は下半身の中でも特に「バッターに必要な筋肉」をピックアップして見ていきます!

スポンサーリンク

飛距離アップに必要な下半身の筋肉とは?

バッティングの飛距離を伸ばすために鍛えるべき下半身の筋肉は、下記の二つです。

飛距離アップに必要な下半身の筋肉
  • 中臀筋
  • 内転筋

順番に見ていきます。

鍛えるべき筋肉①:中臀筋

一つ目はお尻の筋肉の一つである中臀筋です。

あまり聞いたことがない方が多いと思いますが、中臀筋はバッティングにおいてはとても重要な筋肉です。

中臀筋は足を外側に開くときに使われる筋肉で、片足でバランスをとる時や歩いたり走ったりする時にも重要な役割を果たします。

鍛えるべき筋肉②:内転筋

二つ目は太ももの内側の筋肉である内転筋です。

中臀筋と同様に、内転筋も打球の飛距離アップのためには欠かせない筋肉となります。

内転筋は主に足を内側に閉じる、内側に捻るといった動きの際に使われます。

中臀筋と内転筋を鍛えるべき理由

ヒリキ
ヒリキ

なんで中臀筋と内転筋を鍛えた方がいいの?

下半身の筋肉の中でも中臀筋と内転筋を筋トレすべき理由は、バッティングにおける体重移動の動作をうまく行えるようにしたいからです。

体重移動を全く行わないプロ野球選手が存在しないように、打者が打球の飛距離を出すためにはスイング動作の中で体重移動を行うことが必要になります。

そしてその体重移動を行う際は、主に中臀筋内転筋が使われます。

中臀筋と内転筋が弱いとうまく体重を移動することができず、力のあるバッティングをすることが難しくなります。

ですので下半身の筋肉の中でも中臀筋と内転筋を鍛えることが非常に大切です。

ケンディ
ケンディ

体重移動をうまく行えるようになれば、ボールに強力な力を伝えるスイングをすることができますよ!

野球選手向け!下半身の筋トレ方法

野球選手の中でも特にバッターが鍛えるべき下半身の筋肉は「中臀筋」と「内転筋」の二つでした。

ここからはその二つの筋肉の具体的なトレーニング方法について解説していきます。

①:中臀筋の筋トレ方法

ジムで鍛える場合自宅で鍛える場合
おすすめ種目①マシンアブダクションチューブアブダクション
おすすめ種目②バックランジブルガリアンスクワット
おすすめ種目③スプリットスクワットラテラルバンドウォーク

中臀筋を鍛える効果的な筋トレ種目は上記の通りです。

各トレーニングの詳細についてはこちらでまとめてますので、併せてご覧ください。

②:内転筋の筋トレ方法

ジムで鍛える場合自宅で鍛える場合
おすすめ種目①ワイドスクワットダンベルワイドスクワット
おすすめ種目②スモウデッドリフトダンベルサイドランジ
おすすめ種目③レッグプレスアダクション

内転筋を鍛える効果的な筋トレ種目は上記の通りです。

各トレーニングの詳細についてはこちらでまとめてますので、併せてご覧ください。

まとめ:野球に必要な下半身の筋トレ【打者向けに解説】

下半身の筋肉の中でも中臀筋内転筋を鍛えると、打球の飛距離がアップします。

なぜなら、バッティングにおいて重要な動作である体重移動をうまく行えるようになるからでしたね。

記事の後半で紹介した「中臀筋」「内転筋」それぞれのトレーニングメニューを参考に、ぜひ筋トレに励んでみてくださいね!

ケンディ
ケンディ

バッターが鍛えるべき『上半身の筋肉』についても別の記事で解説しているので、よかったらご参考ください!

スポンサーリンク
野球
スポンサーリンク
HOMERUN GYM
タイトルとURLをコピーしました