【糖質制限】効果のある運動メニューを紹介【自己流でも痩せます】

こんにちは。
いつもお読みいただきありがとうございます。

今回は自己流で糖質制限ダイエットをする人向けに、効果のある運動方法について解説します。

悩む人
悩む人

本当はパーソナルジムに通いたいのですが、金額が高いので自己流で糖質制限ダイエットを始めようと考えています。

低糖質な食事はできそうですが、運動は全くの初心者なので一人でもできるか不安です。

こんな私でもちゃんと効果を出せる運動のやり方が知りたいです。

こんな疑問に答えます

【本記事の内容】
  • 自己流でも糖質制限ダイエットで効果を出せる運動の方法がわかる
  • 運動をする時のポイントがわかる
この記事を書いた人
Twitter:(@HomerunGym

この記事を書いた筆者はプロのトレーナーとして約5年間働いていました。

糖質制限ダイエットをメインに、数百名のお客様を担当させていただいた実績があります。

今流行りの糖質制限ダイエットを自己流で始めてみようと考える人は多いのですが、ほとんどの方が運動のやり方について悩まれると思います。

ですがここに関しては、科学的根拠に基づいたやり方さえ知っていればたとえ自己流でも痩せることは十分可能です。

そこで今回は自己流でも糖質制限ダイエットで効果を出す運動のやり方と実際に運動をする時のポイントついて解説していきます。

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

自己流でも糖質制限ダイエットで効果を出せる運動の方法

まずは前置きとして、そもそもなぜ糖質制限ダイエットでは運動をすべきなのかについておさらいしておきましょう。

そもそもなぜ糖質制限ダイエットでは運動をすべきなのか?

糖質制限ダイエット中に運動をすべき一番の理由は『筋肉量を落とさないため』です。

なぜなら糖質制限ダイエットは筋肉が本当に落ちやすいダイエット法だからですね。

筋肉が落ちてしまうと下記のようになってしまいます。

  • 代謝がかなり落ちる
  • 皮下脂肪が残ってしまう
  • 身体のライニにメリハリがない

こんなことにはなりたくないですよね。

それでもたまに「私には筋肉は必要ありません」なんて言う人がいますがそれは大きな間違いでして、運動しないとリバウンドしやすくなるので要注意です。

繰り返しますが、糖質制限ダイエットをする時は筋肉量を落とさないために運動することがかなり大切ですよ。

筆者
筆者

続いて糖質制限ダイエットに効果のある運動の種類についても確認しておきましょう。

糖質制限ダイエットに効果のある運動の種類とは?

実は運動は大きく下記の2種類に分けられます。

種類①:有酸素運動

種類②:無酸素運動

このうち糖質制限ダイエットでは『有酸素運動』を行うのがおすすめです。

なぜなら有酸素運動は体脂肪をエネルギー源として使うタイプの運動だからですね。

有酸素運動とは、具体的にはウォーキングやジョギングなど長時間連続して行われる運動のことをいいます。

もしかすると今まで運動が苦手だったからできるか不安だという方もいるかと思いますが、後ほど難易度別に運動メニューを紹介しますので心配無用ですよ。

繰り返しますが、糖質制限ダイエットに効果的な運動の種類は有酸素運動です。

筆者
筆者

それでは、ここからは糖質制限ダイエットに効果のある運動について見ていきましょう。

糖質制限ダイエットに有効な運動【7選】

糖質制限ダイエットに有効な運動は下記の通りです。

難易度★☆☆:ウォーキング

難易度★☆☆:水中歩行

難易度★☆☆:ジョギング

難易度★★☆:サイクリング

難易度★★☆:エアロビクス

難易度★★☆:スイミング

難易度★★★:ジムで筋トレ

難易度が低いほど取り組みやすく、難易度が高いほど効果のあるものを今回は選びました。

ダイエットで大切なのは続けることですので、いきなり無理はせずにまずはできそうなものから始めてみてくださいね。

有酸素運動のポイント【3点】

有酸素運動をする時のポイントは下記の通りです。

ポイント①:30分以上行う

ポイント②:途中で休憩をしない

ポイント③:毎日運動する

順番に解説していきます。

ポイント①:30分以上行う

有酸素運動は30分以上行うのがポイントです。

なぜなら有酸素運動時の体脂肪の燃焼は30分経ってから行われるからです。

ウォーキングでもサイクリングでも、有酸素運動では30分以上行うことで体内で体脂肪燃焼モードを作ることができます。

たまに1日10分を3回に分けて行ってもよいかと質問をいただきますが、それだと脂肪燃焼効果が期待できないためおすすめはしません。

有酸素運動は1回あたり30分間の運動をすることが大切です。

ポイント②:途中で休憩をしない

有酸素運動は途中で休憩をしないのがポイントです。

なぜなら心拍数を上げ続けることで脂肪燃焼効果が期待できるからです。

例えば30分間ウォーキングを行うのであれば、その時間はずっと歩き続けるのが正解です。

でも体力が持つか心配だなという人は、体力が持つレベルの有酸素運動を選ぶと良いです。

有酸素運動時は途中で休憩をしないようにしていきましょう。

ポイント③:毎日運動する

有酸素運動は毎日行うのがポイントです。

なぜなら毎日行うことで代謝が下がりにくくなるからです。

具体的には「毎朝ウォーキングを30分行う」のような運動習慣を取り入れるのがおすすめです。

ライフスタイル的に毎日30分間の有酸素運動をすることが難しいという方は、生活の中で歩く距離を増やすなどして運動する時間を増やしてみましょう。

繰り返しますが、有酸素運動は毎日行うことがポイントです。

まとめ【まずは1ヶ月試してみよう】

ここまで自己流でも糖質制限ダイエットで効果を出す運動のやり方と実際に運動をする時のポイントついて解説してきました。

最後に、今回ご紹介した運動をしながら糖質制限ダイエットをまずは1ヶ月間試してみることをおすすめします。

なぜならダイエットの進捗の良し悪しを見るには1ヶ月間がちょうど良いからです。

具体的には、1ヶ月間で3〜5kgの体重が落ちていれば順調に進んでいると考えて大丈夫です。

もし、上記の進捗通りにいってないということであれば、【糖質制限ダイエットのやり方】本気で痩せたい人だけどうぞの記事を参考に糖質制限のやり方を見直してみましょう。

まずは1ヶ月がんばっていきましょう。

筆者
筆者

何かお困りのことがあればTwitterお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

必ずお返事いたします。

これで本記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

本記事以外にもダイエットを成功させるための記事をいくつか書いていますので、お時間があればこちらからぜひチェックしてみてください。

またTwitterでも情報を発信しておりますのでよかったら覗きに来てください。
@HomerunGym

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました