フランクリンのバッティンググローブまとめ【見た目も機能も良い】

こんにちは。
今回の記事はフランクリンのバッティンググローブについてです。

悩む人
悩む人

よし、新しくバッティンググローブを買おう!

そういえばフランクリンのバッティンググローブってどうなんだろう?

どんなプロ野球選手が使ってるのかな?

機能性や値段についても知りたいなぁ。

このような疑問に対して、フランクリンを愛用する筆者がリアルなレビューも交えて解説していきます。

筆者
筆者

ぜひあなたのバッティンググローブ選びの参考になれば幸いです。

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

【はじめに】フランクリンってどんなブランド?

引用動画:Join The #FranklinFamily – Franklin Sports
筆者
筆者

まずは簡単にフランクリンの紹介をさせてください。

フランクリンはアメリカで生まれた、多くのメジャーリーガーをはじめ日本のプロ野球選手からもとても愛されているブランドです。

アメリカ生まれのブランドですので、なんと言ってもカラーバリエーションがとても豊富ですし、機能性についても非常にこだわって開発されているのが、今だに多くのファンから愛されている理由だと強く感じます。

メインとなる製品はバッティンググローブですが、MLBの選手も使用する野球用のバックパックや、ティーバッティングセットなどの練習グッズも販売しています。

フランクリンのバッティンググローブを使ってるプロ野球選手は?

フランクリン製のバッティンググローブですが、メジャーリーガーの装着率はもちろん日本プロ野球界でも外国人選手を中心に非常に多くなってきているようです。

誰もが憧れたメジャーリーグのスーパースターであるバリーボンズが着用していたのもあってか、フランクリンのバッティンググローブはある種のステータスになっているのかもしれませんね。

有名なメジャーリーガーを挙げると、

  • ミゲル・カブレラ選手
  • デイビット・オルティス選手
  • ヤディアー・モリーナ選手

日本のプロ野球選手だと、

  • 山川穂高選手
  • 糸井嘉男選手
  • ウラディミール・バレンティン選手

など超一流の選手が好んで愛用しています。

筆者
筆者

使用している選手を見ると、特にパワーヒッターにぴったりのバッティンググローブと言えるのかもしれませんね!

実際に使ってみた!筆者が愛用するバッティンググローブはこちら

筆者愛用のFranklin PRO CLASSIC PEARL+WHITE

Franklin PRO CLASSIC PEARL+WHITEを愛用しています。

結論、筆者的にはフランクリンのバッティンググローブはかなりおすすめです。

以下にその理由を挙げてみます。

  • 手のフィット感がかなり合う
  • 素手に近い感覚だがグリップ力もある
  • 人と被らない
  • メジャーリーガー感が出て気持ち良い
  • 単純にかっこいい

個人的にバッティンググローブで最重要視するポイントが「如何に素手に近いか」なのですが、これまで使ってきた中でダントツで良いです。

あと毎週末に草野球をしていますが、今までなぜかフランクリンユーザーに遭遇したことがありません。なので人と被らない点ではかなり嬉しい。

ただ、一点だけデメリットを挙げると耐久性は弱いかなと感じます。
具体的には、糸がほつれやすいかも。

だけど、そこは完全に機能性と見た目のかっこよさが上回ってるので良しとしてます。

フランクリンを使ってから納得のいくスイングができているようにも感じるので、今後他のブランドに浮気する予定は全くありません。

スポンサーリンク

フランクリンのバッティンググローブはどこで買える?値段は?機能性は?

主な販売店としては、

  • 最寄りのスポーツ良品店
  • アマゾン

上記の2択になります。

ただ、スポーツ良品店はお店にもよりますが「色の種類が結構少なめ」です。
なのでおすすめの購入方法は、

スポーツ良品店で試着

サイズ・フィット感の確認

アマゾンで好きなカラーの物を購入

これで良いかと思います!

筆者
筆者

フランクリンの最も良い点が「カラーバリエーションが豊富」なので、良品店だけで決めてしまうのはもったいないと思います。

なのでサイズ感を確認してから、最終的にアマゾンで購入するのがおすすめです。

また、各シリーズのお値段や機能性の特徴は下記をご参考ください。

※シリーズによりますが、値段は4,000〜8,000円になるかと思います。

PRO CLASSIC シリーズ(筆者愛用・おすすめ)

☆デジタルレザーテクノロジー
 表面は手のひら部分への負担を軽減し、バット本体とのグリップをより握りやすくするようデザインされています。
☆クアッドフレックス
 手のひらに折り目線(手掌線)を入れることでバットグリップへのフィット感をアップさせより次のパフォーマンスレベルへ導きます。
☆プロスパンデックス
 究極の柔軟性と快適さを提供する通気性の高いPROスパンデックス繊維。

CFX CHROME シリーズ(ちょいごわごわしてる)

☆デジタルレザーテクノロジー
 表面は手のひら部分への負担を軽減し、バット本体とのグリップをより握りやすくするようデザインされています。
☆クアッドフレックス
 手のひらに折り目線(手掌線)を入れることでバットグリップへのフィット感をアップさせより次のパフォーマンスレベルへ導きます。
☆テクトニック フィット
 手の甲をしっかりとなじませる技術です。

POWER STRAP CHROME シリーズ(見た目は一番かっこいいかも)

☆パワーストラップテクノロジー
 手首のサポート、優れたフィット感、打席での着け直しも必要ない着け心地。
☆シープスキンレザー
 耐久性、柔らかさ、しなやかさを追求。プレミアム品質の羊革です。
☆シームレスパーム
 グローブの快適性、耐久性を最大限にするために手のひらは継ぎ目のない1枚構造。

さいごに

さいごに、フランクリンのバッティンググローブについてまとめます。

  • メジャーリーガー感を出せる
  • バリーボンズなど数多くの強打者が使用
  • 人と被りにくい
  • 手のフィット感はとても良い
  • 耐久性はまぁまぁかも
  • 個人的にはPRO CLASSICシリーズがおすすめ

この記事が少しでもバッティンググローブ選びの参考になっていれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
それでは、また。

スポンサーリンク
野球
スポンサーリンク
HOMERUN GYM
タイトルとURLをコピーしました