【バッティング編】筋トレの教科書

こんにちは!
いつもお読みいただきありがとうございます。

今回は、バッティング強化に役立つ筋トレ方法をご紹介します。

悩む人
悩む人

もっと力強いバッティングをするために筋トレをしよう!

あれ、でもどんな筋トレをすればいいんだ?

具体的な種目や正しいやり方まで知りたいなぁ。

このような疑問に対して解説していきます。

【本記事の内容】
  • 力強いバッティングをするために必要な筋トレ方法がわかる
  • 具体的な種目や正しいやり方をご紹介

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

力強いバッティングを手に入れるための筋トレ方法とは?

力強いバッティングを手に入れるためには、高負荷で低回数な筋トレを行いましょう。

なぜなら、その負荷で鍛えることで最も筋肉が発達すると科学的に明らかになっているからです。

高負荷×低回数の筋トレの効果

高負荷×低負荷の筋トレを行うと、体内で成長ホルモンがたくさん分泌されます。

この成長ホルモンは筋肉を肥大させる働きを持っているため、成長ホルモンは筋肉を肥大させるためには欠かせません。

筋肉を付けていくために最適な負荷設定を行うことはとても大切です。

筆者
筆者

具体的には、1セットあたり10〜12回の回数で力尽きる強度での筋トレとなります。

自宅でも工夫すれば高重量・低回数で追い込むことは可能ですが、できればやはりトレーニング器材が豊富なトレーニングジムで筋トレを行うことがおすすめです。

パワフルなバッティングを手にれるために、ぜひ最寄りのジムで高重量・低回数の筋トレをしていきましょう。

上半身と下半身のおすすめ筋トレ方法はこちら

力強いバッティングを手に入れるためのおすすめの筋トレについては過去の記事で解説しています。

筆者
筆者

何から始めればいいかわからない方は、ぜひご確認ください!

こちらの記事では、上半身の中でも野球選手が特に鍛えるべき筋肉(上腕三頭筋と広背筋)について解説しています。

具体的なトレーニング方法はこちらからご覧ください。

続いてこちらの記事では、下半身の中でも野球選手が特に鍛えるべき筋肉(内転筋と中臀筋)について解説しています。

具体的なトレーニング方法はこちらからご覧ください。

【補足】筋トレをするならプロテインは必須!

筋トレをするなら、できればプロテインを飲みましょう。

なぜ筋トレにプロテインは必須なのか?

筋肉は、たんぱく質(=プロテイン)でできているからです。

いくら筋トレをがんばっていても、たんぱく質をしっかり摂取していないと、いつまでたっても筋肉は成長していきません。

プロテインについてはこちらで詳しく解説していますので、知識のない方は読んでおいて損はないはずです!

スポンサーリンク

さいごに

筆者
筆者

ここまでお読みいただきありがとうございました。

筋トレをすることで力強いバッティングをすることが可能になってきます。

筋トレで最も大切なことは正しい種目を正しくやることですので、ぜひ今回の記事を参考に筋トレに励んでみてくださいね!

最後に、Twitterもやっているのでよかったらぜひ。
@HomerunGym

それでは、また!

スポンサーリンク
野球
スポンサーリンク
HOMERUN GYM
タイトルとURLをコピーしました